スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.02.28 Friday | - | - | -
22
今日で22歳になる。 そんな今日は特に何もしなかった いつもより少しだけ贅沢をして ケーキを食べた。 あと、2年間買わずじまいでいた 物干し竿をやっと買った。 そしたら20%オフだったので嬉しかった。 それから近所に自転車屋さんができてた。 クロスバイクを買おうと思っている矢先だったので これまた嬉しく思った。 あと、髭のチケットを譲ってくれる人を 探しまくってた一日だった 探してるだけで終わってしまいました。 その物足りなさに 金麦を家でひとり飲みました。  あ、あと友だちが家に置いていった 変な漫画を読みました。おもしろかった。 外に出たら、春を感じました。 家の前で2年間やってる工事の 防音壁が外れて、家の前でいつも立ってるおじさんがいなくなり、 やっと迷惑な騒音に対して 終わりをむかえるのだという 晴れやかな気持ちになりました。  自分はいつまでこうやって過ごすのか 休みになると スーパーにいって買い物をして 仕事の日はお弁当をつくり、 はたらいてる時は身体を動かし、 お昼に小さい弁当を食べ、 帰ったらご飯を食べ、 特に興味もないテレビをみて 本なんか読んでみたり ケータイをいじり、 なんでもない日常を綴り 決まった上司と飲みに行き 東京にいる友だちと会いごはんを食べ、 洋服をみにショッピングして 寂しくなったら地元に帰り 親のご飯をたらふく食べる。 普段親には自分から電話しなくて かかってきたら長く話し、 最後にはがんばってと言われる がんばってと言いたくなるくらい 自分は細かいことを相談してるからだな 自分がしたいと思っている仕事の 正規職員の試験は落ちた そんなになりたくもなかったかも そのくらいもやっとした感じで受けた なんでって責任が大きくなるから嫌だと思うのかな 責任から逃れる自分がゆとり世代の代表に思える 実際そうだし。 今自分の置かれている状況と自分の考えを整理したかった、試験を通して。 自分の想いを面接ですらすら話せたから やっぱりやりたいと思っているのだと感じた しかしうまく答えられないような質問をされたこと 静岡に帰る方向で考えていたことなど正直に話した それで手応えなんてなかった そういったところで落とされたと思っていた でも、面接官やってた人の一人に 小論も実技もよかったし 面接の受け答えもハキハキ話すし分かりやすいし ほんとに若いのにすごいよ!と評価された でも採用としては経験値とかを求めるから… そんながっくりせずがんばってと。 瞬時は嬉しかった。 そこからいろいろ考えるけど 評価されて受からなかったら なにがいけなかったのかわからず なにを改善したらいいのかもわからない。 若いのにすごいと言われて、 若いと務まらない仕事 それでもやもやする日々。 先輩方がごっそり辞めること ただでさえ自分が上司とコミュニケーションとれてないのに、 後輩とのパイプ役なんてなれない でもならなきゃという責任感 いろんなものが重たい とにかく22歳になったということですね。
2014.02.28 Friday | life | comments(0) | trackbacks(0)
11/8
無駄に更新してみる。 昨日、上司に怒られてしまった。 怒られるのを待っていたといったほうがいいのかもしれないけど。 自らアクションを起こしていくことが本当に嫌で苦手で、なおかつ人前に出て発表するなんて逃げ出したいことで。 そこから本当に逃げてた。 怒られてから言われたことやったほうがいいと思えるくらい人に話しかけるの苦手(-.-) で、そこから本当に逃げてた。 情けないと思いつつも、これは本当に直るものなんだろうか?と不思議に思う。 だって昔から、小学生の頃から、先生に話しかけるのとか、相談するのとか苦手で、ほとんどしてこなかった。相談できないから、自分で考える。 でも、今思うのは、組織に属しているんだから、周りに自分の想い然り、仕事の内容を共有させないと、まずいことなんだってこと。 つかえるものはつかって仕事していくことが、仕事ができるってことなんだろうな。 屁理屈言うと、成功させたいとか、仕事ができるようになりたいとか、そういう風に思うことってどうやったら思えるんだろうね? もちろん、レベルアップした自分になっていくには、少しハードルの高いことに挑戦し続けることが必要だと思うけども、自分がレベルアップしていく必要性ってそもそもあるのか疑問。とか言いつつわたしはいろんなことをやってみたいから、やるけど。 考えるとよくわからないや(^q^) とりあえず信用は失ったかもしれない。 それはそれで…ではなく、 ひたむきにがんばろう。 躊躇なく人に話しかけられるようになりたいし、人前ですらすらと話せるようになりたいな~。
2013.11.08 Friday | life | comments(0) | trackbacks(0)
10時就寝
こんばんは。 もう布団の中です、寝ようかなと。 考えたくなさすぎて寝るのはやい。 というのは任されてる仕事が自分の中ではビックなもので、 一緒に組んでる上司も厳しい人だからなんだか下を向いてしまう。 厳しくされているのは期待されてる証拠だよとか言われるし、自分でもそう言い聞かせているけどさ。 それだけならまだしも、別の関与しない上司からもあーだこーだ言われ、それもありがたいと思いつつも、腑に落ちないところもあり。 難しいね とりあえず中旬すぎれば一段落かなぁ。 …がんばらないと。 中旬すぎて、一段落できるかどうかは、今の事前準備の頑張り次第だよな~。 明日もはやく出勤しよう。
2013.11.06 Wednesday | life | comments(0) | trackbacks(0)
努力の欠片

こんばんは。
いや〜11月です、早くも。
私も社会人になってから半年以上経っているだなんて驚愕…
一年の早さに圧倒されます。
でも去年のこの頃、今の職場にはじめて見学に来て
去年のこの頃、まだ募集が出ていなくて、
って考えると本当に自分は「待った」んだなあって思います。
これから就活が始まる友達が多いけど、
自分にとっての就職活動はとにかく待つことでしかなかったから
なんのアドバイスもできない。
何社も受けるような一般企業とは業界的にも違うし、
今働いているところしか、見学にも受験にも行っていない。
さぼってた、といえばそうなんだけど、ここにかけた
といえばそういうことにもなります。

仕事は慣れたことには慣れました。
利用者さんからも、笑顔がいいとか、明るくなったとか
言ってもらえます。余裕が出るようになったんだと思うけど。
でも、慣れが招く安易な失敗とか、たるみとか
そういうのが出てきてはだめだなあーとも常日頃考えてます。
しかも慣れたのは、環境や人に慣れただけであって、
では知識は増えたのか?そう問われれば
まだまだ勉強あるのみの低能ですよ。
とりあえず、担当間の交換ノートはまだ続いております。
4月から毎日欠かさず日誌を書いております。
ノートは3冊目になります。
周りからはえらいねーとかすごいねーとか言われまくりです。
でも、思う。
ただノートに書いてるだけじゃ何もえらくないし、何もすごくないんです。
書き記すことは、もともと好きだしもともと得意。
ならなおさらノート書いてるだけなんて本当に何の努力の欠片もない。
私がしなきゃいけないのは、ノートで生まれた疑問や
返信された担当からのヒントの言葉を元に調べること
調べたうえで利用者さんへのアプローチに役立てる。
そこまでできたら「えらい」んだと思うし、「すごい」んだと思う。
しかもそれが仕事のやりがいなんだと思う。
だから毎日の出来事や気付き、疑問などをノートに書く。
これはやりがいを見つけるための過程に過ぎない。

明日明後日は休み!
勉強もするけど、リフレッシュもしよう。
おやすみ。

2012.11.01 Thursday | life | comments(0) | trackbacks(0)
働く女
こんばんは。
社会人になって2か月が過ぎました。元気です。
仕事は何をしているかというと障害者のスポーツを
支援するお仕事です。
テニスやら卓球やらバドミントンやら、
キャッチボール、プールの監視などしています。
福祉系、でもあると思いますが、スポーツ色の強い職場です。

中学生のころ、体育の先生になりたい。と言っていた自分、
高校時代になってからそんな夢はもう遠いものとなっていたし
教師になんてなるもんか、とまで思っていました。
けれど、今は立場的に教えるという立場。
つまり先生のような立場であるってこと。
けれど、知識もなにもない状態なので勉強しなければならない状態だし、
この業界の教科書って存在しないんですね。
だから自分が調べたものとか、先輩から教わったものとか
そういったものを組み合わせて指導の参考にするんです。
果てしない。研究、勉強のしがいのある仕事だと思います。

みなさん優しい方ばかりですし、それもまたいい職場だなあと思います。
社会ってもっと冷たいものだと思ってたからなあ。
いじめられて、いきたくなくて、それでも働かなきゃいけない
それが社会だと思っていたから。
そんな風に思っていたから、あまりのまわりの優しさだったり
居心地の悪さを感じないあたりに、ふわふわとした状態が続きました。
社会って優しいんだあーって思えた。

とりあえずそんな感じえ社会人やってる。
高校卒業して働いた人とか、そういう人
すごかったんだなあって思った。
二十歳で働いているのも、今の時代じゃ早いもんだけど、
同い年の大学生が社会に出る頃には、
仕事も手慣れてこなせるようになってればいいなー!

疲れはたまってくる時期だけど、それでも順調!
みんなもがんばって
2012.06.04 Monday | life | comments(0) | trackbacks(0)
学生
今日付けで学生終わり。 明日から社会人 二十歳ってまだ若いよね 周りの友達がほとんど大学3年生になる中 皆より二年は早く社会人スタート 中学の友達とかもう働いてる子いるけど、大卒程度の要件なのに短大卒で入ったわけだから 周りみんな年上だし、同期ももちろん年上だし少なからずあと2年はずっと年下だろうなあ。別にいいんだけどねーなんか自分がこどもすぎやしないかと感じることもある。 研修にいったけど、仕事の内容は楽しいけど体力的にきついとこもある(笑)あと知識がついてかない。バイトのときみたいに、大きい声と挨拶笑顔意識でがんばるか。みんな優しいし!興味深い仕事でずっとやりたいことだったからありがたく思おう。では!
2012.03.31 Saturday | life | comments(0) | trackbacks(0)
お別れ

3月も終わりそうだ。
9日からサイパン旅行に行ってきた。
それもなぜか高校時代の友達と。
とっても楽しかった!
海がきれいだった〜。
そして、ご飯食べながら洋楽聴きながらってのが贅沢すぎた。
サイパンの透き通った海を眺めながらご飯を食べ、
生演奏の音楽を聞いている時間がすごく幸せで泣きそうになった。
うち、こんなに幸せでいいのかなあ?って思えてきて本当に楽しかった。
計画立ててくれた友達に感謝だなあ。

配属先も決まり、サイパンから帰国後すぐに物件さがし。
でもなかなかいいのが見つからず・・・
なんかもう泣きそうになりました。今度は違う意味で。

それから謝恩会がありました。
新幹線で東京にむかい、ホテルに着いて
ドレスに着替える。
みんなのドレス姿はかわいらしかったし、新鮮だったなあ。
白ワインがおいしくてずっと飲んでいた。
渋谷にいき、友達の友達が働いているカフェへ。
そのあとは終電で埼玉の友達の家におじゃました。
そしてなぜか2泊した。楽しかったー。
しかも静岡まで送ってもらった。
うちの赤飯とかおはぎとかもちとか沢庵とかあげた。
よろこんでくれたからよかった。

その次の日はまた東京。
物件探し。いいのあった。
ほんとは広いとこがよかったんだけど、
お父さんがいいっていう方にした。
交通の便とか、治安とか、そういうこと考えるとね〜。
しかも離れて暮らす親たちが安心するところにしておかないとさ、と思って。
とりあえずみつかってよかったー

その日は川越に泊まった。
次の日卒業式。
朝6時半に美容院・・・はや。
7時半袴の着つけ。
駅のスターバックスで朝ごはん。
会場に向かう。
これもまた、みんなの袴姿が新鮮だったあ。
やっぱり日本人は着ものだね〜
袴姿のみんなのほうが素敵に見えた。
友達っていいなあ。楽しかったなあ。


以上でわたしの学生生活は幕を閉じました。
ほんとうに楽しかった。
時間が経つと寂しさも増すね。涙一滴も
出ないけどな!!(笑)


そして早速5日後には引っ越しです。
また一人暮らしかあ

2012.03.20 Tuesday | life | comments(0) | trackbacks(0)
Thank You
やほー。 これからサイパンに旅立ちます。 初の海外旅行(´▽`) まだ家にいるんだけど、 今夜の成田からのフライトで サイパンです。 就職先の配属先がわからないまま いくのがいやだなあ~っていう気持ちです。 さっき郵便で届かなかったのよ。 なにはともあれ南国リゾート満喫してきます。
2012.03.09 Friday | life | comments(0) | trackbacks(0)
食べるのってやめられない
地元にいるときの食べっぷりがやばい。 毎日夕ごはんでご飯2杯は必ず食べてる…。 しかもおいしすぎて毎日納豆で食べてる。それに加えてお母さんがおいしいおかずたちをつくってくれるもんだからほんと大変なことになってる。 中学終わるときも、高校終わるときも、これでもう運動量減るから食欲もなくなるだろうと思ってたのに、そう思いながらもかれこれ5年は経ってる…。 すべてにおいて信じられない。 東京の一人暮らしで、食欲がなければ食費も少なくて済むのに、食べるのも、さらには呑むのも好きなんて…なあ。 この食欲をどうにかしてほしい。 今週末は旅行で、南国にいって、ビーチで遊びたおすのに、そんなこと意識さえしてないよばかだよもう。 と、言いながらも食べるのって辞められない。
2012.03.05 Monday | life | comments(0) | trackbacks(0)
つづき
店長の家は店長らしからぬ感じであったが、あの方が人間らしくていい。ほっとした。汚いってことね!(笑) みんなからもらったプレゼントを 一緒に見たり、店長が友達の結婚式につくったビデオレターみたいの見たりした。 お風呂もどうぞって言ってくれて 、下着も持ってなかったんだけど、開けてないパンツくれた(笑)ユニクロの。パジャマも貸してくれた。(学生時代のジャージ) 寝ようとしたら、布団で寝させてくれた。店長ソファー。 お昼頃起きた。服臭いからって、服もくれた。 寝るとき着てたヒートテックもそのまま着てきた、あと靴下も。 駅まで歩いた。サブウェイおごってもらった。食べるの遅くて、待っててくれたし、片付けてくれた。 駅の改札前まで送ってくれた。 店長が優しい人だってことは重々分かってたつもりだったけど、再認識しました。 あんな社会人になりたいんだ(´▽`) 尊敬するし、何はともあれ共通点が多い。 水筒、シャンプー、化粧水、好きなバック、靴下、目覚まし時計、シャツ好き、食べるの好き、スポーツ好き、 などなど。 また遊ぼー。(笑) 終わる気がしないね! 店長だけでなく、他の人も相当いい人ばっかだった! だからすんごく寂しい! こんなに寂しいと思うのはじめて! 多分学校終わるより寂しいさ。(笑) 寂しさ癒えるまで遊んでもらお。 あんなに働きやすくていい人だらけの店なんてないよー。 飲み会不参加予定だった人が、私にわざわざお菓子とお手紙おきに 来てくれたのも嬉しかったし、私がかわいい!って飛び付いた キーホルダーくれて、これ見て思い出してとかも嬉しかった。 一年間も働けなかったけど、濃厚だった!いろいろ学んだ。はまっちゃうのよくわかるわー。 でもここではまってしまうのは、違うんだよね。だから辞めるしかなかったけど、ほんとのほんとに楽しかった。よかったー 大好きだわ!ありがとう!Thank You
2012.03.04 Sunday | - | comments(0) | trackbacks(0)

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--